JP / EN / CH / TW / KR

7/18〜スイートルーム3室を含む8室が新たに誕生
滞在コンセプト「FUKUOKAの空と街に身を委ね、自身を解放する」

ザ・コレクション・オブ・クール&グラマラス アライアンス(CCGアライアンス)のアゴーラ福岡山の上ホテル&スパでは、開業7周年を前に本館最上階の6階の一部を改装し、「FUKUOKAの空と街に身を委ね、自身を解放する」を滞在コンセプトに、スイートルーム3室を含む8室が新たに誕生します。

新たに「Area F」(エリア・エフ)と銘打った同フロアの客室は、当ホテルのコンセプトである「Excitement & Tranquility 〜動と静〜  都会の自然に優雅に触れる、静寂を約束するサンクチュアリ」、そして福岡の街を一望する絶好のロケーションを一層ご体感いただけます。

 

デザインコンセプトは、リブランドオープンの際にも掲げた「ポストモダニズム」。ロケーションを最大限に生かし、窓の外に広がる景観と一体となれるようなデザインが施されています。また、和室の他、アイコニックなArea Fスイートは、あえてフローリングではなくコンクリート質的な床材を使用するなど、一般的なホテルの客室とは一線を画すアーティスティックな空間となります。特筆すべきは、街や空を一望するビューバスルームです。季節や時間を問わず、優雅なバスタイムをお楽しみいただけます。

⬛新客室
◎Area F スイート           3室(29.4㎡〜36.5㎡)
◎Area F ジャパニーズスイート  2室(46.3㎡〜50.5㎡)
◎Area F ジャパニーズ                2室(34.2㎡)
◎Area F ツイン                   1室(16.5㎡)

また、これを機に、スパ、大浴場、フィットネスルームのある西館3階を「Area W」(エリア・ダブリュー)とし、従来のヒルトップスイートは「Area W ウェルネススイート」に名前を変更します。「より深い静の世界への誘い 静寂の中、本来の自身へと回帰するウェルネス空間」をコンセプトに、心身の健康のための滞在を提案してまいります。

 

⬛︎Area F(エリア・エフ)
〜滞在コンセプト〜
FUKUOKAの空と街に身を委ね、自身を解放する

福岡の空と街を一望する自然豊かなロケーションを最大限に生かしたアイコニックなコンセプトルームです。大きく設けられた窓の先に広がる眺望、インテリア、調度品といったデザインコンシャスかつタイムレスな空間で感性が命ずるまま過ごす滞在スタイルを提供します。

 

■Area W(エリア・ダブリュー)
〜滞在コンセプト〜
より深い静の世界への誘い
静寂の中、本来の自身へと回帰するウェルネス空間

「Wellness」の頭文字からダブリューと銘打った同エリアは、より健康かつ美しさを追求することをコンセプトとします。滞在を通して、従来の自然治癒力や免疫力を蘇らせ、ウェルネス、デトックスを追求するスパトリートメントや食事といったアイテムで、心身ともに美しい本来の自身の姿を取り戻すコンテンツを提供します。動と静のメインコンセプトを、より深く体験していただくフロアです。

ザ・コレクション・オブ・クール&グラマラスは、「街のブランド価値を高める」をビジョンとし、施設のみならず地域ブランドの価値を高め、それぞれが観光浮遊にもつながる街の自慢になる施設を目指してまいります。

 

アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ
ホテル支配人